post-punk

post-punk(ポストパンク)は、1970年代の終わりから勃興した音楽ジャンルである。2000年代においてはgarage rock revivalの流れに沿ったpost-punk revivalとして再評価された。

前身となるpunk rockが1960年代のニューヨークにおいて発祥し、1970年代にロンドンを中心に一大ムーブメント(ロンドンパンク)を起こしたのち、post-punkはその流れを受け継ぐようにしてできた。post-punkはnew waveと共に1980年代前半においてヨーロッパのindie rockにおけるメインストリームジャンルとして流行するも、1980年代末期にはmadchesterやelectropopに飲み込まれて衰退していく。その音楽的特徴や精神性は1990年代におけるalternative rockへと受け継がれていくことになる。2000年代においてはgarage rock revivalの流れの中で多くのpost-punk、new wave風の音楽性を持った若手バンドが登場し、再評価がなされた。

それまでの旧態依然としたrockの否定を出発点としたlondon punkの流れをそのまま受け継いでいるためlo-fiなサウンドを重視しているものの、reggae、funk、free jazz、worldの要素を取り入れるなど音楽的挑戦には貪欲なバンドが多い。ビート感が強くdanceとしての性格を持つ。

日本ではしばしばpost-punkはpost-rockと混同されるが、もちろんその実は全く違うジャンルである。post-rockはrockの再構築・再解釈を中心とした実験的rockであり、対してpost-punkは単純に歴史的な意味合いで「(london)punkの後を受け継いで勃興したジャンル」であるから「post」punkという名称を与えられている。

post-punkは同時期に勃興していたnew waveと同一視される場合も多く、post-punk revivalについても、レコード会社や雑誌によっては「new wave revival」とも言い表している。敢えてnew waveと対比して言及される際は、new waveのアーティスト群の中でも比較的シンセサイザー色が薄く、garage rockに似た鋭いギターの音を押し出しつつ内省的な雰囲気を内包したバンド群を指すことが多い。 .